ザイザル情報集

ザイザルのここに注意!眠気を催すので運転はダメ

ザイザルを飲むときは車の運転を控える一般的にザイザルは花粉症対策に使われるお薬ですが、その副作用として強い眠気があります。ザイザルは服用すれば一日中効果が継続することが知られています。そんなザイザルの効果的な服用方法としては、やはり就寝前に飲むのがベストと言えるのではないでしょうか。本来、花粉症対策として使うお薬ですので、一日中効果が継続するのはとてもありがたいものです。しかし、車の運転をされる方にとっては、この副作用は逆効果となります。ザイザルの血中濃度が最も高くなるのは服用後の1~2時間後だと言われています。眠気が起こるのも、ほぼ同様の時間と言えるでしょう。たとえば、朝食後などの時間に服用すれば日中で眠気がくることになります。車の運転をされる方にとっては危険を伴う可能性も考慮にいれないといけません。また今の時代、モーニングアタックという言葉もあります。朝の出勤時におこる花粉症などの症状も考慮すると、就寝前から服用することがおすすめとなります。薬には必ず、半減期というものがあります。ザイザルの半減期はおよそ7時間くらいだと言われています。花粉症対策に使われるお薬にもさまざまありますが、効果が期待できる薬は、それだけ眠気などの副作用も強いことが報告されています。ザイザルの公式サイトにあげられている情報をもとにして、日中におこる症状を前もって回避するようにしましょう。しかし、人によっては、個人差がありますので、眠気の強さも差がみられます。就寝前に服用することをおすすめとしていますが、それでも午前中に症状を感じる方がおられる際には、医師に相談されることをおすすめします。一般的には車の運転があげられていますが、それ以外にも危険を伴う機器の操作や高所での作業も同様に注意してください。

ザイザルは猫アレルギーにも効果がある?

ザイザルは猫アレルギーにも効果がある猫アレルギーとは、野良猫や飼い猫に関わらず、全ての猫に接触することで引き起こされるアレルギー症状で、主にくしゃみや鼻水、咳、風邪に似た症状が起こります。猫アレルギーの原因は猫の皮膚中に存在するタンパク質および唾液で、毛繕いすることで毛などにまとわりつき、これが皮膚と接触することで過剰な反応を示します。基本は接触ですが、空気中に毛が舞っていると直接触れなくても近くにいるだけで症状が発症することもあります。アレルギー症状が起こるメカニズムとして、アレルゲンとなる猫の毛が皮膚に接触することで免疫系細胞からヒスタミンと呼ばれる化学物質が放出されます。この時点では過敏症状は起こりませんが、体中に存在する神経受容体にヒスタミンなどの化学物質が結合することで活発化して刺激を発するようになります。この刺激が過敏症状であり、ヒスタミンに加えてロイコトリエン、トロンボキサン、プロスタグランジンといった各症状を誘発する物質によって鼻水や皮膚症状を起こすようになります。複雑なメカニズムとなりますが、要は体質というもので、その原因にはヒスタミンを含む化学伝達物質が悪さをしているということになります。アレルギー症状の緩和ができる飲み薬として病院で処方されるザイザルは、花粉症の症状に有効ですが、元はヒスタミンを始めとした化学伝達物質を原因とする諸症状を抑える働きを持っていて、その作用から抗ヒスタミン薬と呼ばれます。つまり、猫によって引き起こされるアレルギー症状はヒスタミンが原因となるため、抗ヒスタミン薬を利用することで猫アレルギーを緩和することが可能ということになります。ザイザルも同じく猫アレルギーに効果がありますが、あくまでも対処療法となるので、猫と一緒に暮らす場合は原因を取り除いたり体質を改善するなどの治療が必要となります。

ザイザル関連記事